ホーム > 相続問題

相続問題

相続問題

「相続が発生したが、どこから手をつけてよいかわからない」
「兄弟のひとりが相続を仕切っているが、財産の内容や分割に納得できない」
「遺言書が残っていて、自分の分の遺産がほとんどないと言われた」
「自分がいなくなったあとに、親族の間で相続で揉めないようにしたい」
「老後の世話をしてくれている次男夫婦に、多く財産を残したい」
「子どもたちが遺言書に従ってくれるかどうか心配」


故人が残した財産を引き継ぐ側である「相続人」の方の悩みやトラブル。
財産を残す側である「被相続人」の方のお悩み。
どちらもしっかりとご対応させていただいております。



遺産分割での揉めごとは、できれば話し合いで解決したいもの

遺産分割での揉めごとは、できれば話し合いで解決したいもの

遺産分割で、相続人同士の主張がぶつかり合うと、大きな揉めごとに発展するケースも少なくありません。

一部の資産家の方だけが揉めるのではなく、一般的な家庭でも、相続の争いが起こることがあります。
ご兄弟同士での争いは、故人が望んでいたことではないと思います。できれば、早いうちにお互いに譲歩できる範囲で解決をしたいものです。

依頼者の方が、とことん争いたいという場合には、調停、裁判という流れで、法的な手続を進めていきます。

ご親族の争いを避けるためにも、「遺言書」は大切

遺留分への配慮
すべての相続人に対して法律で認められている「遺留分」というものが存在します。
その遺留分は、相続人が主張すれば獲得することができますので、その分を侵害した遺言書を残しても、その主張は通りません。あらかじめ遺留分を考慮した分割を考える必要があります。
もちろん、依頼者の方の意志が固い場合には、遺留分に反する遺言書の作成もお手伝いします。
ご親族へのメッセージ
遺言書は、法的に有効なことだけを記すものではありません。残されるご親族へのメッセージを「付言」として付加することも大切な思いやりです。
特に、誰かに財産を集中する遺言を残す場合には、みなさまのお考えをしっかりと残すことで、相続人の理解を得ることができるようにもなります。

相続問題に関して詳しくはこちら

相続問題でお悩みの方は、下記により詳しい情報を記載したサイトがございますので、
こちらをご確認下さい。

http://liberalarts-souzoku.com/