事例集

2016.10.14更新

ご依頼者Aさんは,バイク運転中に交通事故にあいました。
事故は,Aさんが右折青矢印に従い,右折進行したところ,対向車線を直進進行してきた相手方Bさん加害車両(バイク)と衝突し,全治約6か月の傷害を負ったというものでした。

Bさんは,自賠責には入っていたものの,任意保険に加入していなかったため,まずは,Aさんの健康保険を利用して治療を行い,その後自賠責の被害者請求を行い,自賠責の支払い上限金額満額の支払いを受けたのち,治療完了後に第三者行為災害の届け出を行い,損害不足分をBさんに請求しました。

交渉で着手したところ,Bさんは,自分が赤信号ではなく,自分が青信号であった旨を主張し,過失割合に争いがあることが判明しました。刑事記録を取り寄せましたが,ドライブレコーダーや目撃者がなく,Aさんの主張の立証が困難でした。
そこで,交渉の結果,過失割合を定めることなく,一定の支払いを受けることで示談を成立させることが出来ました。

投稿者: リベラルアーツ法律事務所

2016.10.07更新

ご依頼者Aさんは,配偶者Bさんと約60年婚姻生活を営んできたものの,性格の不一致等諸般の事情から,Bさんとの離婚を強く望むようになり,別居を開始しました。しかし,Bさんが離婚に同意せず,何とか離婚をすることが出来ないかと,当事務所にご相談にいらっしゃいました。

当事務所では,Aさんの離婚をしたいという強い気持ちは理解したものの,法的に離婚が認められるか疑問もあったため,解決金等の支払いをすることで話し合いで離婚に応じてもらう方針を立てて交渉を行いました。

話し合いの結果,一定額の解決金を支払って離婚をすることが出来ました。

投稿者: リベラルアーツ法律事務所