事例集

2016.08.03更新

ご依頼者Aさんは,賃貸で10年近くも居住していましたが,大家さんより,突然,身内で利用することになったため,次の更新はせず,退去してほしいとの要望をうけました。
Aさんは,突然のことで,また更新するつもりであったため,引越費用もなく,どうしていいかわからず,当事務所に相談にいらっしゃいました。

当事務所では,更新を拒絶する正当な理由がないとして,大家さんに更新を求めるとともに,一定の立退料の支払いを受けられれば,退去するとの方針で交渉を進めました。

その結果,敷金の返還金額も含め,70万円の立退料を受領したうえ,次の更新日までに退去するとの内容で合意ができました。

投稿者: リベラルアーツ法律事務所

2016.08.03更新

ご依頼者Aさんは,父Bさんが亡くなったものの,税金の滞納があることを知り,相続放棄をすることとしました。
親戚に相談したところ,異母兄弟がいることを初めて知らされました。
異母兄弟にどのように連絡をしてよいかわからず,相続放棄手続も含め,当事務所にご相談にいらっしゃいました。

当事務所では,戸籍を調査し,異母兄弟の所在確認をしました。

その結果,異母兄弟の所在が判明して連絡が取れ,相続の事実と,税金の滞納がある旨を伝え,
異母兄弟も含めて,全員,無事に相続放棄の手続を完了することができました。

投稿者: リベラルアーツ法律事務所